ドッグフードを食べてくれないときの対処法

ドッグフードを食べてくれないときの対処法

ドッグフードは様々な種類がホームセンターやスーパーなどで売られています。

 

毎日のご飯はどのようなものを選ぶことで愛犬にも飼い主にもメリットを感じることができるのかとても気になりますので、飼い主が選んだドッグフードを愛犬は気に入って食べてくれるかは悩むことも多いでしょう。

 

人気のドッグフードは香料など添加物が含まれているものが多いです。これは、食いつきがよくなるので飼い主としてもガツガツ食べている愛犬の姿に愛くるしさを感じたりします。

 

 

人は人の食べ物、犬は犬の食べ物ときっちり分けることが大切で誤って人の食べ物が犬に食べられてしまうと人の味を覚えてしまいドッグフードを食べてくれなくなることもありますよ。

 

なお、犬の体にとっても負担がかかるので、最悪の場合寿命が短くなることもあります。

 

なので、そうならない為にも愛犬の体のことを第一に考えているドッグフードを選ぶ必要があります。

 

 

選ぶときは甘味料、着色料もなるべく使われていない天然のものを使用することで飼い主側も安心できます。

 

ドッグフードには様々な成分が含まれていますが無添加、人の食べ物が含まれていないものが犬にとっても安心で未来の健康にもつながりますね。

 

 

成分は健康的で出来ているので、崩さないように余計な手は加えず水で柔らかくふやかしてあげることでも食べてくれやすくなります。

 

夏の暑い時期はワンちゃんに夏バテが起こり思うように食欲が進まなくなる場合もありますので、全身毛に包まれた愛犬を配慮してあげるように冷たい水を与え、食べやすいように工夫を行うことで食欲が戻りやすいです。

 

水でふやかしても食べてくれない場合は、大好きなおやつと一緒に食べるように誘導してあげることでつられて食べる場合がありますよ。

 

また飼い主がそばにいないと食べない甘えん坊なパターンもありますがその場合、お腹が空いた時自発的に食べるので様子を見てあげるようにしましょう。

 

愛犬にぴったり合うドッグフードを見つけ、長期的に与えている中でトラブルが起こった時でも悲観的にならず少しの工夫を施すことで、元どおり食べてもらえます。

おすすめドッグフード3選

健康にとても良いドッグフードとしてカナガンドッグフードが選ばれています。

 

カナガンドッグフードは無添加で多数の獣医師からも選ばれた最高潮のドッグフードで、栄養がたっぷりと入ったパッケージがシンプルなデザインが特徴ですよ。

 

美味しく食べてくれるのでリピート率も高く、個体差があるので好き嫌いもありますが、メタボ気味のワンちゃんにもぴったりで健康的な体へと循環してくれます。

 

 

他にもモグワンドッグフードはお腹が弱いワンちゃんにオススメで与えることで皮膚や体の内側から健康になり便もしっかりとしたものへきちんと変わります。

 

健康を配慮した上で愛犬にぴったりのドッグフードを与えてあげることでワンちゃんにも嬉しく飼い主側も安心できます。

 

モグワンドッグフードは一度聞いたら忘れにくい名前なので、思い出しやすく親しみやすい名前ですよね。

 

 

他にもアランズナチュラルドッグフードが人気で犬の肉球が可愛く描かれたパッケージが目印です。

 

人間にもアレルギーがあるようにワンちゃんにもアレルギー反応が起こることがありますが、このアランズナチュラルドッグフードを使用することでアレルギー反応を起こりにくくします。

 

食べ続けることで毛並みや毛ヅヤも良くなりブラッシングもサラサラとした触り心地になりますので、いいフードに出会えていない方はこの3つを試してみるのもいいかもしれませんね。