ドッグフードの切り替えポイントはコレ!

ドッグフードを切り替える時の注意点

私たちにとって可愛い愛犬はまさに家族そのもの。
いつまでも健康で長生きして欲しいと願うのは当然のことですよね。

 

そんな可愛い愛犬の体のために、ドッグフードの切り替えを検討しているという人も少なくないのではないでしょうか。

 

そこで、ドッグフードを切り替える際に気をつけなければならない注意点を知っておきたいところです。

 

前提として知っておいていただきたいのは、「ドッグフードの切り替えは犬に負担を与える行為」ということ。

 

健康のためを思っていても、環境や食べ物が急に変わると、ストレスを感じずにはいられません。

 

私たち人間も、長期で海外旅行に行くと普段食べている料理が恋しくなったりしますが、犬もそれと同じような感覚になるのですね。

 

なるべく負担を与えないように、様子を見ながら犬の体調第一で行うことを念頭においておきましょう。

 

ドッグフードの切り替えは焦らずゆっくりと行うことが大事です。

 

一刻も早く健康にいいもの、美味しいものを与えたいと思うのも、飼い主の親心。ですが、ドッグフードの切り替えのお約束は「ゆっくり時間をかける」ことなのですよ。

切り替えのポイント

切り替え方ですが、まずは新しいフードをいつものフードに1割くらい混ぜてあげましょう。

 

この時に食いつきをよく観察してあげてください。問題なく食べられるようでしたら、次の日は2割、その次の日は3割・・・という風に、いきなり切り替えるのではなく徐々に量を増やしていってあげましょう。

 

大体全て切り替えが完了するまで、1週間〜10日は少なくとも見ておくといいですね。

 

もし途中で食い付きが悪くなったり、体に異変が現れた場合はすぐに中止してください。

 

起こりうる体の異変には、次のようなものが挙げられます。

 

下痢や嘔吐

 

食物不耐性により、下痢や嘔吐を引き起こしてしまうことがまれにあります。

 

食物不耐性とは、食べ物や成分が体に合わないために起こる反応のことで、犬の腸内環境は非常に繊細なので、このようなことが起こってしまうのですね。

 

アレルギー

人間と同じく、アレルギーを持った子もいます。

 

飼い主も知らなかったアレルギーを引き起こす成分が新しいドッグフードに含まれている場合もあるので注意してあげましょう。

 

 

ドッグフードを切り替える際の注意点についてですが、少しずつ切り替えていくことが大事ですが、もっとも大事なのは与えるドッグフードの量は犬によって個体差があるということ。

 

少食の子もいれば、沢山食べる子もいます。

 

ドッグフードのパッケージに表記されている目安量を基本としながら、愛犬の様子をみつつ適切な量を見つけ出すのも切り替えの際の重要なポイントですよ。

 

想像力と愛情をたっぷり持って、切り替えを行ってあげるようにしましょう。